「 社長 」一覧

社長より皆様へ 0-022

師走の候 皆様お変わりございませんか?日頃は何かとお世話になっております。
 
さて「児童館における歯の健康習慣育成支援ガイド」によりますと 市販の菓子の中で「せんべい」が最も「虫歯になりにくい菓子」に分類されております。
歯の健康と言う観点から「せんべい」「米菓」は もっと見直されて良いかと考えております。

是非 お客様に「米菓」のこのようなメリットを ご説明頂き 拡販に繋げて頂ける様 よろしくお願いいたします。


社長より皆様へ 0-017

紅葉の美しい頃となりましたが 皆様おかわりございませんか? 日頃は何かとお世話になっております。
 
さて 毎年春と秋の年二回 日曜日に工場感謝祭を行っております。弊社だけでなく甘納豆の「株式会社十勝」様 おだんごの「草加だんご菓子舗」様 お茶の「おづつみ園」様 釜飯の「春日部給食」様にも 出店して頂いております。会場内では 子供さん向けにヨーヨー釣りのコーナーもあり 地域のお客様に喜んで頂ける様 「工場感謝際委員会」が運営に知恵を絞っております。

 どうぞ 今後ともよろしくお願い申し上げます。


社長より皆様へ 0-014

きんもくせいの香り漂う頃となりましたが 皆様お変わりございませんでしょうか?
日頃は何かと お世話になっております。

さて 先日 明治記念館に於いて「食品トレーサビリティシステム構築」をテーマに講演を行いました。関東の食品・菓子メーカー二百社以上が出席され 熱心に聴いて頂きました。
現在 「安心・安全」については消費者の関心が非常に高くなっており これに対して食品・菓子メーカーは「トレーサビリティシステム」の導入に対して前向きに検討を行っております。
しかし 導入には多額の投資が必要であり 導入後もシステムの運用に多くのノウハウと人手が必要となります。ところが そのコストアップ分に対して 値上げが許される訳でもないので 導入に至る企業が少ない状況です。

弊社では 今後も菓子業界の「安心・安全」水準が高まるよう先駆的に投資し 運用してこれを発表して参る所存でございます。今後とも よろしくお願いいたします。


社長より皆様へ 0-011

 やっと秋の気配を感じられる様になりましたが 皆様お変わりございませんか?日頃は何かとお世話になっております。

 さて この度 工場出入口二ヶ所を安心安全の観点から作り替えました。この作り替えのため おにぎり工場・洋生菓子工場・たれ ドレッシング工場などを見学し これら生の商品を生産している工場と同等の設備を設置しました。
 米菓のように 乾燥した菓子で そこまで厳重に行う必要があるのか と言う質問も出ましたが 米菓工場として時代の最先端に挑戦すべく 投資をした次第です。
 
 今後は この設備を生かすべく ソフト面を充実し「安心安全」を完璧にいたす所存でございますので 今後ともよろしくお願い申し上げます。
                        
     


社長より皆様へ 0-008

 暑さの本番を迎えましたが 皆様お変わりございませんか?日頃は何かとお世話になっております。

さて 七月二十六日に茨城県経営品質協議会及び経営者協会(経団連)の御一行三十八名が工場見学に来社されました。弊社が2004年に埼玉県経営品質推進賞を受賞した事で弊社の「経営品質の取組状況を視察したい」との申し出があり お受けしました。
経営品質とは安心安全・法律の遵守を含んだ経営の質を向上するプログラムです。
 
弊社は お客様からの視点で 常に事業活動を見直し 改善しておりますが 今後も経営品質の取り組みを強化する所存でございます。どうぞ 今後ともよろしくお願い致します。                             
                                  


社長より皆様へ 0-007

梅雨の季節ですが皆様 お変わりございませんか?
日頃は何かとお世話になっております。

 さて 六月二十五日 二十一世紀事業団で「ポジティブアクションの取り組み」について 弊社の事例発表を行いました。
二十一世紀事業団は女性社員の能力発揮のための改善・ 職業生活と家庭生活の両立を目的として設立されました。
又「ポジティブアクション」とは 女性の能力発揮を促進するための 積極的な取り組みのことです。

今後も「ポジティブアクション」を更に推進すべく 努力する所存でございますので どうぞよろしくお願い致します。
                       


社長より皆様へ 0-004

 間もなく紫陽花の頃を迎えますが 皆様お変わりございませんか?
日頃は何かとお世話になっております。
 
さて「一人一研究」は常に創意工夫をする習慣を身に付け改善 改革を行う脳力(脳の能力)を向上させることを目的としております。
「研究」と言うと「研究室のスタッフだけが行うもの」との固定観念がありますが身近なテーマを選べば誰でも取り組むことができます。一部の社員が行うのでなく社員全員で行うことにより「研究開発型」の会社になることが出来ます。

上記のような理由で準社員も含め全員で一人一研究に取り組んでおり、6月2日には
1年間の研究結果を発表する報告会をする予定でございます。
                       


広告
このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索
このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索
トップへ戻る